オーストらリアのCivil Partnership申請方法

最終更新: 1月31日



皆さんこんにちは。ココスブリスベンのエスダ(QEAC No.P039)です!

本日のポスティングは現在 オーストラリアでのPartnerビザもしくは学生Dependentビザを申請を考えている方でしたら ご結婚証明書以外にも証明できるCivil Partnership申請方法に関して詳しくお伝えしようと思います。


まずCivil Partnershipとは?

2人の関係登録のこと。「2人がデファクト(事実婚)状態にありますよ」ということを公的に登録すること。登録は州ごとに違いますので、今2人が住んでいる州に登録します。

日本でいうと、事実婚登録のことです。


Civil Partnership登録手順


1)Registration Form作成


以下のリンクをクリックするとRegistration Form作成

https://www.qld.gov.au/law/births-deaths-marriages-and-divorces/marriage-weddings-and-civil-partnerships/civil-partnerships/fill-in-a-civil-partnership-application-form

以下のように赤いマークに従ってチェックをして最後には個人情報を使用する事に同意することを選択します。

Partner1details:カップルの中先に1名様の個人情報をパスポートと一致して書いてください。




ご両親ディテルも必要です。こちらまでがPartner1の個人事情の事項でしてPartner2のディテルも上記と同じに書いてください。

最後のページまでに同意することにクリックして“Continue”をクリックしてRegistration FormをPDFのファイルの形で保存して印刷すると1段階終了。

2)Registration Form作成


以下のリンクをクリックするとApplication Formを作成できるホームページへ移動します。

https://www.qld.gov.au/law/births-deaths-marriages-and-divorces/birth-death-and-marriage-certificates/civil-partnership-certificates/fill-in-a-civil-partnerships-certificate-application-form

以下の赤いマークに従ってクリックしてください。

個人情報を同一入力してください。

なぜこちらの書類が必要なのかを聞く質問では簡単に“Proof of Relationship”と入力して頂ければ良いです。

申し込みはオンラインですることも可能であり訪問して申請することも可能です。

もし滞在している地域の内Civil Partnershipを申請できるRegistry of Births, Death and Marriage (RBDM)があれば訪問して申請する事をお勧めします。

オンラインで申請する場合、もし書類が足りない時には追加の資料をメールで要請する時もあるので時間がもっとかかってしまいます。直接訪問してする場合はその場で必要な資料を検討してもらうのでもっと確実にできると思います。


1 Standard civil partnership certificateをクリックしてください。

最後に申請者の個人情報をパスポートと同一に入力した後、以下のContinueをクリックするとApplication FormがPDFファイルの形で保存して印刷してください。

準備するFormは全部完了。


3)Civil Partnershipを申請する時一緒に提出する書類はJP公証すること。


以下の表と同じにカテゴリーごとに1つの書類を2名様ずつ準備してください。

*Personal ID :各パスポートor運転免許など

*Community ID :各学生証もor Payslip or Birth Certificateなど

*Home address evidence :二人様が一緒に住んでいるという事を証明するため同じ住所になっている書類を各1部ずつ準備します。

例)ガス&電気料金もしくはRent Agreement、Bank statementなど



このようにカテゴリーごとに必要な資料が準備できればその資料をコピーして(パスポート及び運転免許などはスキャンする)原本と同一という事をJP公証する必要があります。


*JP公証とは?

日本では聞きなれない言葉ですが、治安判事(JP - Justice of the peace)と呼ばれる資格者も Certified Copy を作成することができ、オーストラリア人の間では Certified Copy というとJPに 頼むものという認識が一般的です。地域コミュニティーサービスの一環としてJP(あるいはCdec-Commissioner of Declaration資格者)が、毎週決まった曜日にショッピングセンターや図書館などに出向いて、一般の人々のために無料サービスを提供してくれます。


ここで一番重要なポイント!!

先に作成して印刷して置いたRegistration Formの最後のページとApplication Formの書類にもJP公証をしてもらう事。


*JP公証をもらうため必要な書類List

1)Registration Form

2)Application Form

3)パスポート及びパスポートのコピー

4)Community IDの原本及びコピー

5)Home Address evidenceの原本とコピー


*JP公証はどちらでもらえるのか?

https://www.qld.gov.au/law/legal-mediation-and-justice-of-the-peace/about-justice-of-the-peace/search-for-your-nearest-jp-or-cdec

こちらのリンクをクリックすると無料でJPできる場所の確認ができます。

もっと詳しい情報はまたポスティングします。

では以下のように原本と一緒という事を確認した後コピーにJP公証スタンプをしてくれます。

以下のようにApplication FormをJP公証人へ提出するとどちらの書類を提出したのかを確認してチェックした横川にサインをしてくれます。


そしてRegistration Formの最後のページには以下のようにJP公証人が二人様のパスポートを確認してパスポートと同じにサインをするとJP公証人がWinessところに公証スタンプをしてくれます。

準備した書類にJPスタンプをしてもらえればJP公証の段階は終了。


4)RBDMへ行ってCivil Partnershipを申請する。


では今からは直接RBDM(Registry of Birth, Death & Marriages)へ行って申請すれば終了。

JP公証してもらったすべての書類とRegistration Form及びApplication Formも持って行く。

RBDMはオーストラリアの内で出生、死亡、結婚などを申告するところです。ブリスベンシティの内にあります。

https://goo.gl/maps/dZwgcoLRWthYQBdUA

入口へ行くとCivil Partnershipを申請する時に必要な書類がすでに準備されています。

入口にまたKioskがありますので以下のようにクリックすると受付番号が出てきますのでその番号に合わせて受付します。


申請すると郵便で受ける事も可能し直接RBDMへ行って受ける事も可能です。

郵便の場合はブリスベンシティの場合も約10日間かかりましたのでその分も参考してください。

申請金額:$48.20

一般郵便:無料

Express郵便:$6.40


もしPartnerビザもしくは学生Dependentビザを申請を考えている方でしたらCivil Partnershipの登録はなるべく早く申請した方が一番いいという事!

少し複雑で難しいかもしれないけど皆さん無事に申請して取りましょう。

KOKOSブリスベンは留学・移民のオーストラリア現地エージェントです。

オーストラリアの留学手続き及び移民の相談でしたらいつでもお申し付けください。


★もっと詳しい内容は、オーストラリア国内でも6都市にオフィスあるので

ブリスベンではこちらへ来てね

★ブリスベンオフィス (07) 3221 1688

★携帯0406 280 739

★住所 Suite 1E, Level 1/243 Edward St, Brisbane City QLD 4000

★カカオトーク BrisbaneKOKOS

★ライン BrisbaneKOKOS

★メール esther@ikokos.com

ホームページ https://www.kokosryugaku.com



89回の閲覧