top of page

英語だけじゃもったいない!デミペア(Demi-Pair)プログラムって知ってる?


みなさん、こんにちは!

今日は「せっかく海外に行くなら語学留学だけじゃ物足りない」「就活にも役立つ留学をしたい」「現地の本当の生活を体験してみたい」という方のためのプログラム「デミペアプログラム」について簡単にご紹介したいと思います。


[デミペアとは?]

Demi-pairという言葉を聞いて、???となる人が大多数だと思います。


オーペア(au pair)と何が違うの?という人もいるかと思います。

また、オーペアについてもご存じない方もいらっしゃるかと思います。


[そもそもオーペアとは?]

オーペア(Au pari)とは、語源はフランス語の "Au Pair, 対等の立場 "という意味から来ています。オーペアプログラムを通じて、若者の自立心をサポートしつつ、家事手伝いなどのサポートが必要な家庭に住み込むことでお互いに必要なものを補い合うことを目的としています。

ヨーロッパでの歴史は長い同プログラムですが、オーストラリアでもホームステイ先のホストファミリーの子供たちのお世話(チャイルドケア)をしながら、無料での滞在と英語の学習、生の文化体験まですることができるということでコロナ前まで人気のプログラムでした。


コロナがひと段落し、social distanceがほぼなくなった今、また人気が出てきているプログラムと言えるでしょう。国によってオーペアをすることのできるビザの条件などが違います。


[あらためてデミペアとは?]

一言で言えば、オーペアのと英語の勉強・仕事までを一緒にしたい!という人のためはもってこいのプログラムです!


一週間に15-20時間ほど(例:1日に約3-4時間、基本的に月曜日から金曜日)ホームステイ先で必要な家事・子供のお世話などをします。

子供のいない家庭の場合は、料理・掃除・洗濯などが主な仕事になります。

子供のいる家庭の場合は、子供の食事のお世話をしたり学校への送り迎えを行いますので、自動車の免許証が必要になる場合があります。

[メリット]

1.滞在費・光熱費・食費(朝夕)が無料

2.学校に通うことも可能

3.アルバイトも可能(学生ビザの場合、2週間で48時間まで)

4.週末は自由(月-金での登録の場合)



家賃を含めた物価高のオーストラリアにおいて、いいことずくめのように思えますが、注意する点もあります!






[注意するポイント]

1.ホストファミリーによって、仕事の量と負担が違う

2.途中で放棄することは原則できない

3.都心など滞在先を選ぶことはできない



やる気のある人にとっては大変やりがいのあるプログラムですが、朝も決まった時間に起き、門限等のルールがあるなど制約もあります。


2023年に入り、語学学校でも手配が可能な学校が増えてきています。

同時に学校からは日本人学生に関して問題になっているケースが報告されています。


・コミュニケーションをとらない、とれない

・聞き取れなくても「YES」と言ってしまう

・「YES」と言ったのに仕事がされていない

・不信感が募りコミュニケーションがよりとりづらくなる


このように、基本的には最低限のコミュニケーションができないと留学生もホストファミリーもコミュニケーションがままならないと大きなストレスとなるため、Intermediate以上の英語力が必要です。



メリットも多い分、自由に対する制約などの負担も大きくなりますので最後までやり抜くことを誓約することができる人にのみおススメのプログラムです!



本日は、英語+アルファを目指す人たちに人気のあるデミペアプログラムについてご紹介しました。ぜひデミペアをしてみたい!という方はココスまでお問い合わせください。

その他、語学学校から大学まで留学に関してもご不明な点があればココスまでお気軽にご連絡ください。



ココスはオーストラリアの名門G8大学を含む、オーストラリアの全地域の大学の公式エージェントです。


★Facebook :ココスブリスベン留学・移民

☆ライン :brisbanekokos

★Twitter :@kokosjapan

☆アメブロ :@kokosjapan

★オフィス :(07) 3221 1688

☆携帯番号 :0406 280 739

★住所  :Suite 1E, Level 1/243 Edward St, Brisbane City QLD 4000

☆メール :esther@ikokos.com

★ホームページ:www.kokosryugaku.com








Comments


bottom of page