top of page

ワールド大学ランキングアップデート

更新日:2023年8月3日



みなさん、こんにちは!

今日は、最新のワールド大学ランキングが更新されましたので、オーストラリアの大学のランクがどのように変わったのかを見ていきたいと思います。


参考ですが、日本の大学で100位内にランクインしたのは次の4校のみです。

1.東京大学(28位)

2.京都大学(46位)

3.大阪大学(80位)

4.東京工業大学(91位)


それでは早速オーストラリアのトップ10ランキングをご覧ください!


ランキングをご覧になっていただくとお分かりの通り、やはりG8というべき結果となりました。「G8」って何?という方はこちらをご覧ください。


簡単にランキング入りした大学についてご紹介していきたいと思います。


充実した施設とサークル・クラブ活動含めて、海外での大学生活のすべてが含まれているといっても過言ではないでしょう。



1949年創立。計3つのキャンパスで総勢6.5万人以上の学生が学ぶ同学。

国内スタートアップ創業者ランキング1位、5科目が世界トップ20にランクイン、研究の質とその影響力、国際的研究ネットワーク、持続可能性ランキングにおいては国内第1位となっています。

その総合力をいかんなく発揮し、今回のランキングではメルボルン大学に続き過去最高を更新し19位と26ランクアップしました。

気候変動などを中心とした環境関連分野、量子コンピュータなどの最先端技術についても学べる最高学舎となっています。



1850年創立のオーストラリア最古の大学。

30万人を超える卒業生と3000人を超える教職員ネットワークが年々その教育の量と質のレベルをあげ、昨年の41位から、第2位のUNSWと同じく世界19位へと最高位を更新しました。

洗練されたカリキュラム、最先端設備、シドニーを中心に、フランス・シンガポール・中国にも拠点を持つグローバル大学。

卒業後の雇用ランキングでは国内第1位、世界で第4位となっています。




1946年創立。G8で唯一首都に位置する大学であり、長年にわたり、オーストラリアで第1位を誇ってきましたが、今年は若干のランクダウン。

しかし、100カ国以上の国から集まった留学生と、オーストラリア最高水準の就職率、さらには6人のノーベル賞受賞者を輩出してきた同大学。さらには研究者のみならず、首相、コメディアンなど多彩な人材を国内外に送り出してきました。



1958年創立。G8の中で唯一、オーストラリア国内でも初めて人名を冠した大学。

比較的若い大学でありながら、4大陸に拠点を置くグローバル教育機関に成長しました。

新しいマラリアワクチンや3Dプリンタなど、同大学で開発された商品が世界中で人々の生活向上に役立っています。

産官学のあらゆる分野で人材を輩出している大学です。

更には、200を超える多様な奨学金が、学業成績が優秀な学生のみならず経済的に困窮する学生にも学習の機会を提供しています。



1909年創立。100年以上の歴史を持ちつつ、クイーンズランド州で唯一のG8。

3つのキャンパスでは4万人を超える学生が学び、その半数以上(約23,000人)が130カ国を超える国からの留学生という、国際色豊かな大学です。

オーストラリア国内ではその研究フェローシップ及び受賞額では国内ナンバーワンであり、その100を超える研究センターではオーストラリアのみならず世界においても研究のリーダーシップをとっています。

以前にもブログでご紹介していますのでこちらもご覧ください。



1911年創立。西オーストラリア州における唯一のG8。2012年以来、11年ぶりに最高位を更新しました。18,000人を超える学生のうち半数の9,000人が留学生とグローバルな学生が集う大学としても有名です。2名のノーベル賞受賞者を輩出してきた大学です。



1874年創立。南オーストラリア州唯一のG8。約3万人の学生と3,000人の教職員が在籍。ついにランキングで100位の壁を乗り越えました。

その国際的教育環境と留学生比率を誇り、オーストラリア初の女性首相や、女性の最高裁判所判事、州知事、大学総長のみならず、宇宙飛行士や5人のノーベル賞受賞者が卒業生に含まれています。宇宙科学・AI・心臓呼吸器関連などの41の分野で世界標準を上回る名門中の名門です。



1988年創立。創立35年という非常に若い大学。23,000人を超える学生と1万人近い留学生が学ぶ最高学舎。10年までは270位程度であった世界ランクが毎年上昇し、2023年137位からたったの1年で47位ランクアップしついに90位に入りました。

ランキングを紐解くと、図書館や情報管理で23位、看護で20位、アート・デザインで35位を誇るなど特色ある分野において世界で最高水準の教育を提供していると言えます。

今後の成長に目が離せない新進気鋭の大学です。



1964年創立。こちらも前述のUTSに続き、期待の星と言える若い大学です。

45,000人以上の学生のうち約10,000名が留学生。

過去10年間は200位後半だったのが徐々に力を付け、2023年195位から一気に65位のランクアップというすさまじい成長を見せました。

比較的若い大学でありながら、その卒業生は220,000人を超え、芸術・ビジネス・エンジニアリング・医科学会など多岐に渡る分野で活躍しています。

オーストラリアで最も寛大な奨学金と称されるほど、手厚い学生サポートでも有名です。

以前にもブログで大学の雰囲気をアップしてますので合わせてチェックしてみてください!



本日は、今回発表されたQS World University Rankingsをいち早くお届けしました。

G8は当然のことながら、世界ランキング100位以内に9大学も名を連ねるオーストラリアの名門大学をご紹介しました。



オーストラリアへの就学をご検討の際は、ココスまでお気軽にご連絡ください。


ココスはオーストラリアの名門G8大学を含む、オーストラリアの全地域の大学の公式エージェントです。


★Facebook :ココスブリスベン留学・移民

☆ライン :brisbanekokos

★Twitter :@kokosjapan

☆アメブロ :@kokosjapan

★オフィス :(07) 3221 1688

☆携帯番号 :0406 280 739

★住所  :Suite 1E, Level 1/243 Edward St, Brisbane City QLD 4000

☆メール :esther@ikokos.com

★ホームページ:www.kokosryugaku.com



Comentários


bottom of page