top of page

USI 申請方法 [2023年アップデート]



みなさん、こんにちは!

今回はオーストラリアに留学・ワーホリで来る方は一度は必ず聞くことになる「USI」についてご紹介したいと思います。


[USIとは]

毎年数百万人の留学生がオーストラリアに集まってきます。

その中でも、TAFEや専門学校などのVETコース(Vocational Education and Training)に登録される学生も継続して増加しています。

以前は、各個人が自身の学習・習得した学校・コースなどの情報を保管しておく必要がありましたが、2015年より導入されたUSI(Unique Student Identifier)の制度により、10ケタのIDにひもづけされた学習情報・トレーニング情報などの記録が政府の管理下で保管可能となりました。

このUSIの導入で、政府としては学生がどのような流れの学習・トレーニングを受けているのかといったデータ管理にも役立てつつ、学生も自身の記録を一目で確認できるようになりました。


これは、ワーホリなどでオーストラリアに来た方を含めて大変人気の、RSAコース(Responsible Service of Alcohol)と呼ばれるオーストラリアのレストランや、バーで働く人に義務付けられている資格コースの受講前にも取得する必要があります。




[USIはどんな人が必要なの?]

ビザが学生ビザ・ワーホリビザとにかかわらず、以下に該当する人は取得が必要となります。


・TAFE(Technical and Further Education)や専門学校など職業訓練校に通う予定の方

・RSAコースを受講する予定の方



[どんなメリットがあるの?]

ご紹介した通り、USI番号を登録することで、以前に登録・受講したコースや取得した資格などが記録され、のちのち確認する際に便利に。ご自身の学習・トレーニングの記録を証明できるので、仕事を探すときや経歴を証明する際にも以前より管理が大変しやすくなりました。

逆に、USIは人生で一度きりの番号となりますので、再発行等されるとご自身の経歴が正確でなくなるなどといった問題がありますので、USIの情報はメールや番号など必ず保存するようにしてください。



[USIの申請方法]

1.新規作成の方法について見ていきます。

まずは、政府のUSIホームページに入ります。




2.Get a USIをクリック




3.Create USIをクリック





4.ご本人のUSIを発行するのであれば、Noをチェックして、次へ




5.本人確認書類はパスポート(オーストラリアビザ保有)を選択

パスポート番号とオンショア(オーストラリア国内からの申請)を選択




6.個人情報を入力して次へ




7.メールアドレス、電話番号、住所を入力して次へ




8.入力した内容の確認をして次へ



9.この後、パスワードと秘密の質問の設定をして次へ進み完了すると、晴れてUSI申請が完了し、メールが送られてきますので、そちらの情報を必ず保存するようにしてください。



「RSAコース受講の日にUSIがなくて受講できなかった!」という人もいらっしゃるので、いつでも確認できるようにしておくといいかと思います。


本日は、オーストラリアにワーホリ・学生で来る方にとって大事なUSIについてご紹介しました!ご本人での申請が難しい場合には、オフィスまでお越しいただければUSI以外にも学校の登録やビザを含めた各種お手続きを無料でお手伝いさせていただきます。


ココスはオーストラリアの名門G8大学を含む、オーストラリアの全地域の大学の公式エージェントです。


★Facebook :ココスブリスベン留学・移民

☆ライン :brisbanekokos

★Twitter :@kokosjapan

☆アメブロ :@kokosjapan

★オフィス :(07) 3221 1688

☆携帯番号 :0406 280 739

★住所  :Suite 1E, Level 1/243 Edward St, Brisbane City QLD 4000

☆メール :esther@ikokos.com

★ホームページ:www.kokosryugaku.com










Kommentare


bottom of page